法人口座の開設時に金融機関が確認するポイント

法人口座の審査で資本金の金額を確認する

個人口座とは違い、法人口座の開設には、必要書類の他にも様々な書類の提出が必要になります。金融機関は、マネーロンダリングや振り込め詐欺を防止するために、法人の口座の申請の際には必ず審査を…

もっと詳しく »

法人口座の審査で登記上の住所を確認する

会社を営む場合には、法人口座を開設した方が対外的な信頼は高まるものです。法人口座を開設する際には様々な書類を用いた手続きと、煩雑な手続きが必要になっていきますが、銀行の担当者が審査を行う…

もっと詳しく »

>

法人口座を開設するために

法人口座を開設する時に必要な書類

法人口座を開設する時に必要な登記事項証明書

法人口座を開設する時に必要な代表者の印鑑証明書

法人口座を開設する時に必要な法人の印鑑

法人口座の審査で事業内容や目的を確認する

口座開設をする前に各金融機関の審査の事情を調べよう

金融機関で法人口座の開設を希望する際には、事業内容や口座仮設の目的について厳しくチェックされることがあります。特に、事業を始めて間もないベンチャー企業や、金融機関からの借入額が多い中小企業などは、スムーズに法人口座の開設ができないこともあるため、事前に法人専用の相談窓口を訪れることがおすすめです。また、法人口座の審査の流れについては、それぞれの金融機関の方針によって異なりますが、仕事の都合により銀行の窓口へ足を運ぶことが難しい場合には、インターネット上で審査を受けられるところを探すことが大事です。また、短期間のうちに法人口座の開設をするには、なるべく事業内容を詳しく担当者に伝えたり、審査までに負債額を減らしたりすることがポイントです。

口座開設の審査に掛かるおおよその日数について調べておこう

法人口座の開設の際に行われる審査の日数は、各銀行の方針や、口座開設を申し込む企業の経営状態などに大きく左右されます。そうした中、すぐに口座開設の手続きを済ませたい場合には、即日で口座開設に関する一通りの審査をしてくれる金融機関を選ぶことがおすすめです。こうした金融機関の中には、スマートフォンやパソコンで場所を問わず審査の申込ができたり、メールで審査結果を教えてくれたりするところもあります。なお、若手の経営者に対するサポートが手厚い金融機関においては、事業開始からそれほど年月が経過していない場合でも、即日で法人口座の開設ができることもあるため、じっくりと各金融機関の資料を読み通しておきましょう。

© Copyright Financial Corporate Account. All Rights Reserved.